看護師の転職エージェントのメリット

前の記事では、評判のいい転職エージェントについて挙げさせていただきました。

でも、独力で活動するのはダメなの?

とあなたは疑問に思っていることでしょう。

転職エージェントを他の転職方法と比べるため、それぞれのメリット、デメリットについて、書きますね。

 

 

ハローワーク

まず挙げられるのは、ハローワークでしょう。

他の転職媒体と同様に登録が必要なのですが、窓口に並んで結構疲れます。

それとですね。

あなたが応募したい求人案件を見つけたとしましょう。

 ハローワークでは、応募するたびに紹介状が必要なのです。

 応募する求人案件ごとにです。

それって、大きな手間ですので、私はデメリットだと思っています。

近所のハローワークがなければ、電車で行くなんてことにもなりかねません。

 求人案件はインターネットで検索できますが、応募はできません。

 結局はハローワークで紹介状をもらう必要があるんです。

 さらに、応募書類の送付も毎回、郵便局に行って、自腹で送付することになります。

金銭的にもバカになりませんね。

 

 求人案件の質量ともに医療系には期待できませんので、ほかの転職媒体に期待した方が良さそうです。

 

 なので、ハローワークを使うメリットはないと断言します。

 

知人の紹介

 待遇面の交渉もしにくいのと、働く環境がどうであるかも聞きにくく、入職した後、後悔なんてことになりかねないのがデメリットです。

  その結果、知人に気兼ねして、辞めたくても、辞めにくくなったりします。

 採用試験がほぼ形式だけで対策不要という大きなメリットもあります。

 

転職サイト

 

転職サイトのことは、あなたもよくご存じだと思います。

 

 インターネット上から求人案件を検索して、応募もネット上でできる非常に便利なものですので、これがメリットでしょう。

 デメリットとしては、待遇の良い求人案件は、非公開案件であるため、転職サイトには掲載されていないことがほとんどです。

 さらに、応募したい求人案件の本当(内部事情など)のところがわからない、つまり、はっきりいうといわゆるブラック案件も掲載されています。

 病院での働く環境などがよくわからないまま応募してしまうことが殆どですので、これが離職率が高い原因ともいわれており、大きなデメリットといえます。

 

 

 

 

転職エージェント

  転職サイトと似ていますが、大きく違うのは、あなたに担当のキャリアコンサルタントがつくことです。

  キャリアコンサルタント、通称、エージェントは病院と太いパイプを持つ場合が多いので、各求人案件の待遇面だけでなく、働く環境についての実情を把握しています。

 これが1番大きなメリットです。

 また、転職サイトで公開されていない非公開求人も有力なエージェントは数多く保有しています。

 これが2番目のメリットです。

  次に、コンサルタントが応募手続き、面接日程調整、応募書類の添削、面接のループレなどを全て行ってくれるので、時間がないあなたは求人案件の紹介を待っていればいいんです。

ですが、こまめにエージェントとコミュニケーションを取っておくことは大切です。週に一回だけでも、問合せのメールを出すだけであなたの印象は違うはずです。

エージェントはこの際、上手く利用しましょう!

  これが3番目のメリットでしょう。

 

 

  デメリットとしては、担当コンサルタントの質は、同じ転職エージェントでも、ピンキリなので、運も左右されることです。

 でも大丈夫♪

転職エージェントはこの業界が人材不足が続いているので、数社じゃきかないくらい数多くあります。

少なくとも、口コミでベスト5くらいの転職エージェントに複数登録しておけば、あなたの相性に合うコンサルタントに出会えると思いますよ。

 

 

 

 

いかがですか?

 

ハローワーク、転職サイト、知人の紹介と比べて、転職エージェントはあなたの負荷が軽く、質の良い求人案件にふれる機会が多いことがお分かりでしょうか。

最近は転職サイトが転職エージェントを兼ねている場合も多くあります。

それも含めて、ご紹介できればと思っています。

また、あなたが気になる評判、口コミも引用掲載していきます。

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す